「旬の魚カレンダー」上田勝彦監修

公開日: 更新日:

<“味覚の旬”や“漁獲の旬”を知り、うまい魚をたくさん食べよう!>

 養殖や冷凍の技術が進んだことで、魚の多くは季節を問わず手に入るようになった。しかし、旬を意識すればDHAやEPAなどの栄養素をしっかりと取れたり、手ごろな値段でうまい魚を楽しむこともできる。

 上田勝彦監修「旬の魚カレンダー」(宝島社 1100円)では、魚にもっとも脂が乗る“味覚の旬”はもちろんのこと、たくさん取れて値段も安くなる“漁獲の旬”なども紹介しながら、それぞれの魚に適した調理法などを解説していく。

 日本の代表的なおかずの魚であるアジは、価格が安くなる漁獲の旬は夏だが、もっとも脂が乗る味覚の旬は冬だ。料理法も多様で、焼きや干物だけでなく、アジの身をショウガなどの薬味と味噌と一緒に包丁で叩いたなめろうもおすすめ。脂が乗った冬のアジなら、三枚におろして酢と昆布に半日ほど漬けた酢じめもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る