「旬の魚カレンダー」上田勝彦監修

公開日:  更新日:

<“味覚の旬”や“漁獲の旬”を知り、うまい魚をたくさん食べよう!>

 養殖や冷凍の技術が進んだことで、魚の多くは季節を問わず手に入るようになった。しかし、旬を意識すればDHAやEPAなどの栄養素をしっかりと取れたり、手ごろな値段でうまい魚を楽しむこともできる。

 上田勝彦監修「旬の魚カレンダー」(宝島社 1100円)では、魚にもっとも脂が乗る“味覚の旬”はもちろんのこと、たくさん取れて値段も安くなる“漁獲の旬”なども紹介しながら、それぞれの魚に適した調理法などを解説していく。

 日本の代表的なおかずの魚であるアジは、価格が安くなる漁獲の旬は夏だが、もっとも脂が乗る味覚の旬は冬だ。料理法も多様で、焼きや干物だけでなく、アジの身をショウガなどの薬味と味噌と一緒に包丁で叩いたなめろうもおすすめ。脂が乗った冬のアジなら、三枚におろして酢と昆布に半日ほど漬けた酢じめもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る