「旬の魚カレンダー」上田勝彦監修

公開日: 更新日:

<“味覚の旬”や“漁獲の旬”を知り、うまい魚をたくさん食べよう!>

 養殖や冷凍の技術が進んだことで、魚の多くは季節を問わず手に入るようになった。しかし、旬を意識すればDHAやEPAなどの栄養素をしっかりと取れたり、手ごろな値段でうまい魚を楽しむこともできる。

 上田勝彦監修「旬の魚カレンダー」(宝島社 1100円)では、魚にもっとも脂が乗る“味覚の旬”はもちろんのこと、たくさん取れて値段も安くなる“漁獲の旬”なども紹介しながら、それぞれの魚に適した調理法などを解説していく。

 日本の代表的なおかずの魚であるアジは、価格が安くなる漁獲の旬は夏だが、もっとも脂が乗る味覚の旬は冬だ。料理法も多様で、焼きや干物だけでなく、アジの身をショウガなどの薬味と味噌と一緒に包丁で叩いたなめろうもおすすめ。脂が乗った冬のアジなら、三枚におろして酢と昆布に半日ほど漬けた酢じめもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る