「やってみました!1日1食」船瀬俊介著

公開日:  更新日:

 朝は野菜ジュースを飲むが食事は1日1回というビートたけしや、デビュー当時から30年以上1日1食を貫いているタモリなど、“小食主義”でバリバリと活躍している人は意外に多い。本書では、「3日食べなきゃ、7割治る!」などのベストセラーを持つ著者が、1日1食スタイルの効能を明らかにしていく。

 食事を減らすと、当然ながら空腹感を感じるが、この“空腹ストレス”が人間が誰しも持つ長寿遺伝子を活性化させるという。長寿遺伝子には高い抗酸化作用があり、動脈硬化による心疾患や脳血管疾患、がんなどを防ぐ効果が期待できる。

 また、長寿遺伝子は脳の記憶力を増強させるタンパク質を生み出すことも明らかになっている。明日からでも試してみる?

(三五館 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る