「やってみました!1日1食」船瀬俊介著

公開日:  更新日:

 朝は野菜ジュースを飲むが食事は1日1回というビートたけしや、デビュー当時から30年以上1日1食を貫いているタモリなど、“小食主義”でバリバリと活躍している人は意外に多い。本書では、「3日食べなきゃ、7割治る!」などのベストセラーを持つ著者が、1日1食スタイルの効能を明らかにしていく。

 食事を減らすと、当然ながら空腹感を感じるが、この“空腹ストレス”が人間が誰しも持つ長寿遺伝子を活性化させるという。長寿遺伝子には高い抗酸化作用があり、動脈硬化による心疾患や脳血管疾患、がんなどを防ぐ効果が期待できる。

 また、長寿遺伝子は脳の記憶力を増強させるタンパク質を生み出すことも明らかになっている。明日からでも試してみる?

(三五館 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る