「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬」中川基著

公開日: 更新日:

 誰もが簡単に買える市販薬は、ほどほどに効いて副作用の心配もない――。こんなイメージは大間違いだと本書は警告する。

 CMで“飲み過ぎ食べ過ぎに効く!”などとあおられて何となく買ってしまう胃薬は、当たり外れが大きいという。ドラッグストアでは「セルベール」(エーザイ)と「スクラート胃腸薬」(ライオン)が2強だが、後者の主成分であるスクラルファートはカルシウムと反応すると効果が台無しになり、それどころか頭痛などの副作用を誘発することもある。

 一方、前者の主成分であるテプレノンは、医師の処方薬であるセルベックスと同じものであり、鎮痛剤のロキソニンSなど胃粘膜を荒らす市販薬の副作用を抑えるのにも役立つ。こちらを買うのが賢い選択だそうだ。

(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る