日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ」多湖弘明著

 時に数百メートルにもなる高所で、狭い鉄骨の梁の上を自在に動き回り作業する鳶の仕事は、実際に足を踏み入れた者でなければ決して知ることができない、想像をはるかに超えた世界だという。あのスカイツリーの建設にも携わった現役鳶職人の著者が、そんな鳶の世界を紹介するフォトエッセー。

 一口に工事現場といっても、そこには作業の進行状況に合わせ、さまざまな職種の職人たちが入り乱れ、働いている。そうした中にあって、鳶はその仕事内容のすさまじさから、かつては「神に近い存在」とされてきたという。

 どの業者よりも先に現場に足を運び、仮囲い(工事現場の柵)を組み、建物の骨となる鉄骨を建てるためのタワークレーン、そして鉄骨を組む。命を落とすような危険な場所にも真っ先に乗り込み、他の業者のために足場を組む鳶がいなければ、工事は進まないのだ。
 工事現場に欠かせないあの足場も、同じ場所・同じ用途であっても、組む人によって多種多様な足場ができ、職人の実力の差がはっきりと出る芸術作品なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事