「鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ」多湖弘明著

公開日: 更新日:

 時に数百メートルにもなる高所で、狭い鉄骨の梁の上を自在に動き回り作業する鳶の仕事は、実際に足を踏み入れた者でなければ決して知ることができない、想像をはるかに超えた世界だという。あのスカイツリーの建設にも携わった現役鳶職人の著者が、そんな鳶の世界を紹介するフォトエッセー。

 一口に工事現場といっても、そこには作業の進行状況に合わせ、さまざまな職種の職人たちが入り乱れ、働いている。そうした中にあって、鳶はその仕事内容のすさまじさから、かつては「神に近い存在」とされてきたという。

 どの業者よりも先に現場に足を運び、仮囲い(工事現場の柵)を組み、建物の骨となる鉄骨を建てるためのタワークレーン、そして鉄骨を組む。命を落とすような危険な場所にも真っ先に乗り込み、他の業者のために足場を組む鳶がいなければ、工事は進まないのだ。
 工事現場に欠かせないあの足場も、同じ場所・同じ用途であっても、組む人によって多種多様な足場ができ、職人の実力の差がはっきりと出る芸術作品なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る