第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞した藤崎翔氏に聞く

公開日: 更新日:

 ミステリー作家の狭き登竜門「横溝正史ミステリ大賞」を今年受賞したのは、元芸人だった。受賞作「神様の裏の顔」(KADOKAWA 1500円)は、その笑いのセンスに、選考委員が満場一致で授賞を決めたという。驚愕のラストシーンに至るまで、テンポよく笑いと疑念と人間ドラマを織り込んだ物語は、どのように生まれたのか。その背景と現在の心境を聞いてみた。

 舞台は通夜の席。元教師の坪井誠造(享年68)を慕う人々が大勢集っている。参列者は皆、故人の死を悼み、涙を流す。聖職者である教師のかがみと呼ばれるほどの人格者で、教え子、教師仲間、近隣住民らが皆、「神様のような人だった」と口にする。絵に描いたような善人の死を機に、物語が始まるのが「神様の裏の顔」だ。

「いい人、誰もが認める素晴らしい人格者って、ちょっと怖いですよね?そもそも一面的な人間なんていませんし、誰にでも裏の顔はある。さらにはそんな善人のそばにいる人間も、結構ツライんじゃないかと思いまして。ネルソン・マンデラ氏も世界中で高評価の好人物でしたが、奥さんとうまくいってなかった、なんて話もありますしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る