「ナオミとカナコ」奥田英朗著

公開日:  更新日:

 美術展の仕事をしたくて百貨店に就職した小田直美は、就職して7年になるのに希望の部署にも行けず、富裕層相手の外商部で働く日々。人事異動も望み薄のまま、いつしか会社の歯車として機械的に働くようになっていた。そんなある日、昔からの友人・服部加奈子が夫から酷い暴力を受けていることを知る。

 離婚も無理で親にも相談できないという加奈子の言葉を聞き、父から母へのDVを見て育った直美の中に「殺人」という選択肢が大きく膨らみ始めるが、果たして、絶対に警察に発覚しない殺人は実現可能なのか。ついに禁断の一歩を踏み出した2人には、思いがけない事態が待っていた……。

 追いつめられた女たちが、人生を取り戻すべく完全犯罪を目指す長編サスペンス小説。主人公の2人はもちろん、事件の鍵を握る百貨店の女性中国人顧客や、加奈子の夫の妹など、登場する女たちの強さは圧倒的。読み手を共犯者気分に陥らせるほどに、物語の中に一気に引き込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る