「防犯カメラによる冤罪」小川進著

公開日: 更新日:

 DNA鑑定と並び、犯罪の決定的な証拠として採用されている防犯カメラの画像。犯罪の早期解決に役立つ一方で、実は誤認逮捕の増加も招いているという。

 小川進著「防犯カメラによる冤罪」では、防犯カメラの限界や鑑定の仕組みを解説しながら、ある人物のずさんな鑑定の実態を暴いている。その人物とは東京歯科大学教授の橋本正次氏。長崎大学大学院教授である著者自身も、裁判の鑑定書作成を請け負うことがあるが、1本書くのに1カ月から1年は費やす。しかし橋本氏の場合、2日で3本もの鑑定書を書き上げてしまうという。

 2008年に発生した「舞鶴女子高生殺害事件」。犯人を特定する証拠は防犯カメラの画像しかなく、そこに写っていた“自転車を押す男”の鑑定が行われた。京都府警側の鑑定人が橋本氏であり、防犯カメラの画像と、容疑者として浮かんでいた中勝美の耳の特徴が一致しているとの結論を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る

人気キーワード