• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「防犯カメラによる冤罪」小川進著

 DNA鑑定と並び、犯罪の決定的な証拠として採用されている防犯カメラの画像。犯罪の早期解決に役立つ一方で、実は誤認逮捕の増加も招いているという。

 小川進著「防犯カメラによる冤罪」では、防犯カメラの限界や鑑定の仕組みを解説しながら、ある人物のずさんな鑑定の実態を暴いている。その人物とは東京歯科大学教授の橋本正次氏。長崎大学大学院教授である著者自身も、裁判の鑑定書作成を請け負うことがあるが、1本書くのに1カ月から1年は費やす。しかし橋本氏の場合、2日で3本もの鑑定書を書き上げてしまうという。

 2008年に発生した「舞鶴女子高生殺害事件」。犯人を特定する証拠は防犯カメラの画像しかなく、そこに写っていた“自転車を押す男”の鑑定が行われた。京都府警側の鑑定人が橋本氏であり、防犯カメラの画像と、容疑者として浮かんでいた中勝美の耳の特徴が一致しているとの結論を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る