「防犯カメラによる冤罪」小川進著

公開日:  更新日:

 DNA鑑定と並び、犯罪の決定的な証拠として採用されている防犯カメラの画像。犯罪の早期解決に役立つ一方で、実は誤認逮捕の増加も招いているという。

 小川進著「防犯カメラによる冤罪」では、防犯カメラの限界や鑑定の仕組みを解説しながら、ある人物のずさんな鑑定の実態を暴いている。その人物とは東京歯科大学教授の橋本正次氏。長崎大学大学院教授である著者自身も、裁判の鑑定書作成を請け負うことがあるが、1本書くのに1カ月から1年は費やす。しかし橋本氏の場合、2日で3本もの鑑定書を書き上げてしまうという。

 2008年に発生した「舞鶴女子高生殺害事件」。犯人を特定する証拠は防犯カメラの画像しかなく、そこに写っていた“自転車を押す男”の鑑定が行われた。京都府警側の鑑定人が橋本氏であり、防犯カメラの画像と、容疑者として浮かんでいた中勝美の耳の特徴が一致しているとの結論を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る