公開日: 更新日:

(講談社 860円+税)

■「『いつものパン』があなたを殺す」デイビッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ著 白澤卓二訳

 アルツハイマー病などの脳機能障害は、誰もが口にしているパンから始まる――そんな食べ物と脳の関係を解き明かした神経科の医師による衝撃のノンフィクション。パンだけではない、お米も含む穀物が人間にとって何よりもかけがえのない器官である脳を痛めつける「テロ集団」なのだという。さらに悪者扱いされているコレステロールが脳にとって必要であり、「スタチン」などの薬でコレステロールを下げているために認知症が起こっていると告発する。

 てんかん患者や筋失調症などの患者が、薬に頼らずとも劇的に回復した例などを紹介しながら、脳にとっての「敵」と「味方」を解説。理想的なのは極端な低炭水化物と高脂肪の食事であると説き、脳機能を高めるための4週間プログラムを公開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る