• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女はつまる 男はくだる」水上健著

 便秘に悩むのは女性が多く、しょっちゅうお腹が下ってトイレに駆け込むのは男性が多い傾向にある。男女ではお腹の悩みに違いはあるものの、実は“腸の形の異常”を改善することで、双方の症状を同時に改善できる可能性が高いと本書。

 多くの人の腸は人体模型のようにきれいに整っているわけではなく、“ねじれ腸”や“落下腸”など形状や位置に問題がある場合が多いという。

 これを解消するには、腸に効くマッサージが有効。足を開いて立ち、両手を広げて体をねじる「上体ひねりマッサージ」や、あおむけに寝て太ももの付け根に両手を当て、へその方向にさすり上げる「腸押し上げマッサージ」などがおすすめだ。

 オリゴ糖やマグネシウムなど、お腹によい食材も紹介する。

(あさ出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る