原発利権と地方の現実が題材 最新作「雪炎」の馳星周氏に聞く

公開日: 更新日:

 以降、浜岡原発だけでなく、北海道・泊原発や福井県の美浜原発など、日本各地の原発のある自治体を訪ね歩いたという著者。そこで目の当たりにしたのは、経済が下降線をたどる一方の町の現実だった。

「廃れる寸前の町に、原発を誘致して大量の金をばらまく。これで息を吹き返すように見えますが、原発からの固定資産税も減価償却に伴い減っていきます。財政が立ち行かなくなった頃、“2号基を造りませんか”という悪魔のささやきが聞こえる。地元の住民は、原発が動かないと経済がダメになると思い込まされていますが、原発が稼働していた頃だって経済は正しく回っていなかったのだから、長い目で見れば原発があっても何も変わらない。むしろ、原発があるだけで福島のようなリスクを背負うわけです」

 物語は、和泉の中学の同級生で、原発の廃炉を公約に掲げて市長選に立候補する左翼人権弁護士の小島や、和泉と小島を監視する警察、反原発派を全力で潰しにかかる政権与党などが入り乱れ、凄まじい暗闘が繰り広げられていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  8. 8

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る

人気キーワード