名越康文氏(精神科医)

公開日: 更新日:

 読書が趣味で、週1回は必ず書店に立ち寄ります。気になる本を毎週買って帰るわけですが、「【新装版】山本七平の日本資本主義の精神」(山本七平著 ビジネス社)のように、出合えてよかった! と思える本はそうありません。この本と出合って、数年来のもやもやを一気に晴らすことができたんです。

 もうかれこれ8年ほど、大阪のNHKで「ルソンの壺」という経済番組に出演しているんですが、毎回、大阪の一企業にスポットを当て、どう苦境を乗り越え、失敗を成功に変えたか、そんな話を聞く番組です。

 100社以上の社長さんから話を伺ううち、日本の会社の独自性について考えるようになりました。でも、あれこれ考えて自分なりの答えを出しても、どこか物足りない。パチッとした答えにたどり着けずにいたんです。

 ところが、この本に出合い、ようやく、もやもやを晴らしてくれる的確な言葉を得ました。山本七平は、日本企業は利潤を追い求める機能集団であると同時に、疑似家族的な共同体であると言っています。それこそが、日本の会社を動かす見えざる原則である、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る

人気キーワード