名越康文氏(精神科医)

公開日:  更新日:

 読書が趣味で、週1回は必ず書店に立ち寄ります。気になる本を毎週買って帰るわけですが、「【新装版】山本七平の日本資本主義の精神」(山本七平著 ビジネス社)のように、出合えてよかった! と思える本はそうありません。この本と出合って、数年来のもやもやを一気に晴らすことができたんです。

 もうかれこれ8年ほど、大阪のNHKで「ルソンの壺」という経済番組に出演しているんですが、毎回、大阪の一企業にスポットを当て、どう苦境を乗り越え、失敗を成功に変えたか、そんな話を聞く番組です。

 100社以上の社長さんから話を伺ううち、日本の会社の独自性について考えるようになりました。でも、あれこれ考えて自分なりの答えを出しても、どこか物足りない。パチッとした答えにたどり着けずにいたんです。

 ところが、この本に出合い、ようやく、もやもやを晴らしてくれる的確な言葉を得ました。山本七平は、日本企業は利潤を追い求める機能集団であると同時に、疑似家族的な共同体であると言っています。それこそが、日本の会社を動かす見えざる原則である、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る