「EPITAPH東京」恩田陸著

公開日: 更新日:

 Kは東京を舞台にした長編戯曲〈エピタフ東京〉を書こうとしていたが、構想がわかない。あるとき、たまに寄るバーで、自分は吸血鬼だと称する吉屋という男に、東京の街の秘密を支配しているのは忘れられた死者だと教えられた。

 Kは大手町にある将門塚、松戸にある東京都の霊園、八王子の昭和天皇の霊廟など、死者にまつわる土地を回るが、そんななか、ふと思いつく。東京の墓碑銘(エピタフ)として「あの頃はよかった。」はどうだろう? そして徐々に〈エピタフ東京〉が姿を現しはじめる。

 Kの日常と吸血鬼・吉屋の日常、戯曲の世界が絡まり合う奇妙なファンタジー。(朝日新聞出版 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る

人気キーワード