「EPITAPH東京」恩田陸著

公開日:  更新日:

 Kは東京を舞台にした長編戯曲〈エピタフ東京〉を書こうとしていたが、構想がわかない。あるとき、たまに寄るバーで、自分は吸血鬼だと称する吉屋という男に、東京の街の秘密を支配しているのは忘れられた死者だと教えられた。

 Kは大手町にある将門塚、松戸にある東京都の霊園、八王子の昭和天皇の霊廟など、死者にまつわる土地を回るが、そんななか、ふと思いつく。東京の墓碑銘(エピタフ)として「あの頃はよかった。」はどうだろう? そして徐々に〈エピタフ東京〉が姿を現しはじめる。

 Kの日常と吸血鬼・吉屋の日常、戯曲の世界が絡まり合う奇妙なファンタジー。(朝日新聞出版 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る