「『衝動』に支配される世界」ポール・ロバーツ著 東方雅美訳

公開日: 更新日:

「石油の終焉」と「食の終焉」の著書で現代社会の病理をあぶり出した著者による終焉シリーズ第3弾。「欲しい」という消費者の衝動に動かされて破滅へと向かう米国の経済システムの崩壊を描く。

 崩壊の萌芽は、ヘンリー・フォードが生産の効率を追求してT型フォードを大量生産した結果、低価格で車を提供できるようになった時代にさかのぼる。市場が飽和状態になった後、モデルチェンジによって消費者の消費欲を刺激し続けた結果、消費者が自分の欲求を満たすことを最優先する社会へと変貌していった。政治も企業活動と同様の損得勘定のみが幅を利かせ、経済は回っても社会が回らない状況が生まれていく。市場の論理のもと、貧富の差が開き、雇用環境は悪化し、地球環境もコミュニティーも崩壊という恐るべき社会が出現。そこから脱するためには何をすべきなのか……。

 経済の奴隷と化した社会の描写を読み進めると、日本も他人事ではないことがわかってくる。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

  8. 8

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  9. 9

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  10. 10

    仮出所後に注目を集めた「ヤハギ」株買い占め騒動の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る