「『衝動』に支配される世界」ポール・ロバーツ著 東方雅美訳

公開日: 更新日:

「石油の終焉」と「食の終焉」の著書で現代社会の病理をあぶり出した著者による終焉シリーズ第3弾。「欲しい」という消費者の衝動に動かされて破滅へと向かう米国の経済システムの崩壊を描く。

 崩壊の萌芽は、ヘンリー・フォードが生産の効率を追求してT型フォードを大量生産した結果、低価格で車を提供できるようになった時代にさかのぼる。市場が飽和状態になった後、モデルチェンジによって消費者の消費欲を刺激し続けた結果、消費者が自分の欲求を満たすことを最優先する社会へと変貌していった。政治も企業活動と同様の損得勘定のみが幅を利かせ、経済は回っても社会が回らない状況が生まれていく。市場の論理のもと、貧富の差が開き、雇用環境は悪化し、地球環境もコミュニティーも崩壊という恐るべき社会が出現。そこから脱するためには何をすべきなのか……。

 経済の奴隷と化した社会の描写を読み進めると、日本も他人事ではないことがわかってくる。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る

人気キーワード