失明しながら世界的格闘家を倒した日本人

公開日:  更新日:

「VTJ前夜の中井祐樹」増田俊也/イースト・プレス 1400円+税

 前回紹介した「百田尚樹『殉愛』の真実」にいたく感動し、突如として私の中で「ノンフィクションブーム」がやってきてしまった。1992年に発売されて「暴露本」と全米を震撼させた「マイケル・ジョーダン激闘のシーズン―誰も知らなかったNBAの内幕」という本まで読んでしまったほどである。その流れで大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞した「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」著者である増田俊也氏による本書を読んだ。「木村――」を読んでみたいものの、大作過ぎて尻込みしてしまう人は、本作をまずは読んでみてはいかがか。

 1995年、大学3年生だった時、プロレス研究会に所属していた私は部室で仲間とともに、異様に興奮をしながら一本のビデオを見ていた。これぞ日本の総合格闘技の幕開けともいえる「バーリトゥードジャパンオープン95(VTJ95)」という格闘技イベントである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る