ブレークダンス、ラップ、DJと80年代若者文化の絵巻物

公開日:  更新日:

「ヒップホップ・アメリカ」ネルソン・ジョージ著

 最近の報道によれば2060年にはアメリカで「少数派が多数派になる」見込みという。ヘンな言い草だが、要は白人以外のマイノリティー人口の合計が過半数になるわけだ。だが文化の面、特にポピュラー音楽などはとっくにマイノリティー発が優位を占めている。

 そんな時代の“起源”をしのばせるのが、来週まで都内限定公開中の映画「ワイルド・スタイル」だ。

 1982年、NYサウスブロンクスを舞台に、グラフィティ(落書き)アーティストとして注目され始めた若者を主人公として、周囲の若者たちのブレークダンスやラップ、DJなどを絵巻物さながらに紹介してゆく。低予算の劇映画なのだが、大半がロケ撮影のせいもあって、いま見るとまるで80年代をよみがえらせるドキュメンタリーのようだ。

 そういえば、当時、サウスブロンクスは絶対行ってはいけない場所の代名詞だった。だが、人種差別や右翼テロが横行する現代から見ると、むしろ素朴なほど平和で健全そうなのが感慨深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る