• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バレンタインデーの秘密」浜本隆志著

 世界的なイベントに成長したバレンタインデーの歴史をたどる研究書。

 そのルーツをさかのぼると、死から生への再生を願う古代ローマ時代の冬至祭の行事のひとつ、ルペルカリア祭に行き着く。その後、キリスト教化とともに、聖バレンタインの殉教伝説から「愛の守護聖人の日」となったが、ローマ・カトリックは、聖バレンタインの信憑性に疑念が残ると、1969年に教会行事から排除。近代以降、脱キリスト教化を図りながら、現代では商業資本の巨大なマーケットに組み込まれ、「恋愛資本主義」によるグローバル化と大衆化が促進する。そんな「愛の日」の変貌を宗教史的・文化史的視点から概観。(平凡社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る