• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「伝統と革新の町・金沢を歩き解く!」金沢謎解き街歩き 能登印刷出版部著

 北陸新幹線の開通で身近になった金沢の魅力を伝える面白ガイドブック。

 日本三大名園のひとつ兼六園の有名な「徽軫灯籠」。片脚は霞ケ池の水中にあって2メートル、陸に置かれたもう一脚は80センチとその不均衡が美しさを際立たせているのだが、江戸時代には実は両脚とも同じ長さで池につかっていたという。その他、金沢城の石垣に残るさまざまな刻印の正体をはじめ、加賀藩13代藩主前田斉泰が、天下に得がたいと五人扶持を与えた「五人扶持の松」、さらに金沢が発祥だといわれるパチンコの名称など。歴史や名所、風習、そしてグルメまで。知られざる謎を解き明かしながら、金沢の街を歩く。(実業之日本社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る