「伝統と革新の町・金沢を歩き解く!」金沢謎解き街歩き 能登印刷出版部著

公開日:  更新日:

 北陸新幹線の開通で身近になった金沢の魅力を伝える面白ガイドブック。

 日本三大名園のひとつ兼六園の有名な「徽軫灯籠」。片脚は霞ケ池の水中にあって2メートル、陸に置かれたもう一脚は80センチとその不均衡が美しさを際立たせているのだが、江戸時代には実は両脚とも同じ長さで池につかっていたという。その他、金沢城の石垣に残るさまざまな刻印の正体をはじめ、加賀藩13代藩主前田斉泰が、天下に得がたいと五人扶持を与えた「五人扶持の松」、さらに金沢が発祥だといわれるパチンコの名称など。歴史や名所、風習、そしてグルメまで。知られざる謎を解き明かしながら、金沢の街を歩く。(実業之日本社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る