「伝統と革新の町・金沢を歩き解く!」金沢謎解き街歩き 能登印刷出版部著

公開日:  更新日:

 北陸新幹線の開通で身近になった金沢の魅力を伝える面白ガイドブック。

 日本三大名園のひとつ兼六園の有名な「徽軫灯籠」。片脚は霞ケ池の水中にあって2メートル、陸に置かれたもう一脚は80センチとその不均衡が美しさを際立たせているのだが、江戸時代には実は両脚とも同じ長さで池につかっていたという。その他、金沢城の石垣に残るさまざまな刻印の正体をはじめ、加賀藩13代藩主前田斉泰が、天下に得がたいと五人扶持を与えた「五人扶持の松」、さらに金沢が発祥だといわれるパチンコの名称など。歴史や名所、風習、そしてグルメまで。知られざる謎を解き明かしながら、金沢の街を歩く。(実業之日本社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る