• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「撤退するアメリカと『無秩序』の世紀」ブレット・スティーブンズ著、藤原朝子訳

 米国の保守派論客による国際情勢コラム。オバマ大統領は「世界の警察官」というアメリカの伝統的な役割から撤退する政策に方向転換。かつては政治的左派が主張してきた「撤退」の声が、今や保守主流派にも広がっているという。アメリカのこうした内向きの外交政策が、イラクやシリア、ウクライナなどで権力の空白を生み出し、世界が取り返しのつかない無秩序に向かっていると警告。宗派や部族間の抗争が渦巻く世界では、話し合いで対立は解決できるという考えは通用せず、敵対的な相手は徹底的に叩かなければならないと主張する。

 政治家やジャーナリストを痛烈に批判しながら、強硬な外交政策とアメリカ単独行動主義を擁護した論考。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る