「撤退するアメリカと『無秩序』の世紀」ブレット・スティーブンズ著、藤原朝子訳

公開日:  更新日:

 米国の保守派論客による国際情勢コラム。オバマ大統領は「世界の警察官」というアメリカの伝統的な役割から撤退する政策に方向転換。かつては政治的左派が主張してきた「撤退」の声が、今や保守主流派にも広がっているという。アメリカのこうした内向きの外交政策が、イラクやシリア、ウクライナなどで権力の空白を生み出し、世界が取り返しのつかない無秩序に向かっていると警告。宗派や部族間の抗争が渦巻く世界では、話し合いで対立は解決できるという考えは通用せず、敵対的な相手は徹底的に叩かなければならないと主張する。

 政治家やジャーナリストを痛烈に批判しながら、強硬な外交政策とアメリカ単独行動主義を擁護した論考。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る