「撤退するアメリカと『無秩序』の世紀」ブレット・スティーブンズ著、藤原朝子訳

公開日: 更新日:

 米国の保守派論客による国際情勢コラム。オバマ大統領は「世界の警察官」というアメリカの伝統的な役割から撤退する政策に方向転換。かつては政治的左派が主張してきた「撤退」の声が、今や保守主流派にも広がっているという。アメリカのこうした内向きの外交政策が、イラクやシリア、ウクライナなどで権力の空白を生み出し、世界が取り返しのつかない無秩序に向かっていると警告。宗派や部族間の抗争が渦巻く世界では、話し合いで対立は解決できるという考えは通用せず、敵対的な相手は徹底的に叩かなければならないと主張する。

 政治家やジャーナリストを痛烈に批判しながら、強硬な外交政策とアメリカ単独行動主義を擁護した論考。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る