「撤退するアメリカと『無秩序』の世紀」ブレット・スティーブンズ著、藤原朝子訳

公開日: 更新日:

 米国の保守派論客による国際情勢コラム。オバマ大統領は「世界の警察官」というアメリカの伝統的な役割から撤退する政策に方向転換。かつては政治的左派が主張してきた「撤退」の声が、今や保守主流派にも広がっているという。アメリカのこうした内向きの外交政策が、イラクやシリア、ウクライナなどで権力の空白を生み出し、世界が取り返しのつかない無秩序に向かっていると警告。宗派や部族間の抗争が渦巻く世界では、話し合いで対立は解決できるという考えは通用せず、敵対的な相手は徹底的に叩かなければならないと主張する。

 政治家やジャーナリストを痛烈に批判しながら、強硬な外交政策とアメリカ単独行動主義を擁護した論考。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

もっと見る

人気キーワード