「サスペンス映画ここにあり」川本三郎著

公開日: 更新日:

 復員兵のジョニーは妻のヘレンが愛人と一緒にいるのを見て、怒って家を出る。雨の中を歩いていると、ヴェロニカ・レイク扮する美女が車でホテルまで送ってくれる。ジョニーは「男は誰でも君に会ったことがある。夢の中で」などとキザなセリフを言って別れるが、その夜、妻が殺された。そして、かの美女はヘレンの愛人の妻だったことが判明する。(「青い戦慄」)

 ファム・ファタルや暗黒街が登場する1940~60年代のサスペンス映画55本を紹介。フリッツ・ラングの「口紅殺人事件」では「サイコ」より前にシャワールームの殺人が描かれているなど、著者ならではのウンチクがいっぱい。

(平凡社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る