「夕影」辻堂魁著

公開日:  更新日:

 身につけた算盤の腕で生計を立てる、“算盤侍”こと唐木市兵衛は、腹違いの兄で公儀十人目付筆頭格の信正の仲介で旗本・三宅家から依頼され、下総の葛飾に向かう。3年前、不祥事を起こし虚無僧となった三宅家の末息子・辰助が病死したとの噂があり、安否を調べて欲しいというのだ。市兵衛は、出立前に訪ねてきた信正の部下・弥陀ノ介から、葛西の西利根村の貸元・吉三郎にかくまわれているはずの女への伝言を頼まれていた。しかし、渡し船の船頭によると、3カ月前に吉三郎は何者かに殺され、吉三郎の跡目を継いだ3姉妹と、松戸の貸元・文蔵の間で縄張り争いが起きているという。

 ベストセラー「風の市兵衛」シリーズ最新刊。(祥伝社 650円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る