「華人歌星伝説 テレサ・テンが見た夢」平野久美子著

公開日: 更新日:

 出身地の台湾をはじめ、東南アジア各国で再顕彰が進む、1995年に急逝した歌手テレサ・テンこと鄧麗君(デン・リーチェン)の評伝。

 鄧麗君は日本人の想像をはるかに超えたレベルで、世界中の華人社会で今でも巨星としてあがめられているという。大陸出身の外省人を両親に持ち、14歳でデビューするとまたたくまにスターとなった。一方で戦後の中華民国体制のもと、新しい国語となった中国語歌謡を歌うことによって頂点を極めた彼女は、国民党政府の宣伝工作の一翼を担い、「歌う公務員」と呼ばれていたという。台湾、日本、香港、中国、パリと彼女の足跡をたどり、多くの関係者の証言から人間鄧麗君の素顔に迫る。

(筑摩書房 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る