「よみがえれ!老朽家屋」井形慶子著

公開日:  更新日:

 住みたい街ナンバーワンの吉祥寺で破格の老朽不動産を手に入れ、住宅兼店舗にリフォームするドキュメンタリー。

 老後の楽しみにイギリス雑貨を商う店を始めようと思い立った著者は物件探しを開始。しかし、その人気故に物件は少なく、出ても予算オーバーなものばかり。それでもアンテナを常に張り巡らしているとついに理想の物件に出合った。人気商店街の裏手、15坪で2980万というその家はありとあらゆる条件にぴったり。下見に行きその場で購入を決断する。しかしリフォームも、工務店選びから、進まない工事、老朽ガス管によるガス漏れ騒ぎと難航する。完成までのその詳細をつづりながら、日本の住宅問題などにも言及する。(筑摩書房 860円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る