• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「よみがえれ!老朽家屋」井形慶子著

 住みたい街ナンバーワンの吉祥寺で破格の老朽不動産を手に入れ、住宅兼店舗にリフォームするドキュメンタリー。

 老後の楽しみにイギリス雑貨を商う店を始めようと思い立った著者は物件探しを開始。しかし、その人気故に物件は少なく、出ても予算オーバーなものばかり。それでもアンテナを常に張り巡らしているとついに理想の物件に出合った。人気商店街の裏手、15坪で2980万というその家はありとあらゆる条件にぴったり。下見に行きその場で購入を決断する。しかしリフォームも、工務店選びから、進まない工事、老朽ガス管によるガス漏れ騒ぎと難航する。完成までのその詳細をつづりながら、日本の住宅問題などにも言及する。(筑摩書房 860円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る