「忘れゆく男」ピーター・メイ著、青木創訳

公開日:  更新日:

 エディンバラ市警の刑事フィンは、妻と離婚し、仕事も辞めて故郷のルイス島に戻る。荒廃した実家の修復を始めたフィンは、認知症の進んだ父親トーモッドの介護に手を焼くかつての恋人マーシャリーに手を貸す。同じころ、島の刑事ガンは、泥炭地で発見された身元不明の遺体について調べていた。数十年前に埋められたと思われる遺体は、10代の若者で死因は他殺だった。DNA検査の結果、被害者は以前の事件でサンプルを提出していたトーモッドの血縁者だと分かる。しかし、トーモッドからは何も聞き出せない。トーモッドに殺人容疑がかかっていると知ったフィンは、彼の故郷ハリス島に向かう。

 英国のベストセラーシリーズ第2弾。

(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る