• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「忘れゆく男」ピーター・メイ著、青木創訳

 エディンバラ市警の刑事フィンは、妻と離婚し、仕事も辞めて故郷のルイス島に戻る。荒廃した実家の修復を始めたフィンは、認知症の進んだ父親トーモッドの介護に手を焼くかつての恋人マーシャリーに手を貸す。同じころ、島の刑事ガンは、泥炭地で発見された身元不明の遺体について調べていた。数十年前に埋められたと思われる遺体は、10代の若者で死因は他殺だった。DNA検査の結果、被害者は以前の事件でサンプルを提出していたトーモッドの血縁者だと分かる。しかし、トーモッドからは何も聞き出せない。トーモッドに殺人容疑がかかっていると知ったフィンは、彼の故郷ハリス島に向かう。

 英国のベストセラーシリーズ第2弾。

(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る