• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「忘れゆく男」ピーター・メイ著、青木創訳

投稿日:  更新日:

 エディンバラ市警の刑事フィンは、妻と離婚し、仕事も辞めて故郷のルイス島に戻る。荒廃した実家の修復を始めたフィンは、認知症の進んだ父親トーモッドの介護に手を焼くかつての恋人マーシャリーに手を貸す。同じころ、島の刑事ガンは、泥炭地で発見された身元不明の遺体について調べていた。数十年前に埋められたと思われる遺体は、10代の若者で死因は他殺だった。DNA検査の結果、被害者は以前の事件でサンプルを提出していたトーモッドの血縁者だと分かる。しかし、トーモッドからは何も聞き出せない。トーモッドに殺人容疑がかかっていると知ったフィンは、彼の故郷ハリス島に向かう。

 英国のベストセラーシリーズ第2弾。

(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る