「『米中同盟』時代と日本の国家戦略」杉山徹宗著

公開日: 更新日:

 米国と中国という2つの大国に挟まれた日本の国家戦略はいかにあるべきかを論じた国際関係テキスト。

 多くの矛盾と問題を抱えながらも経済発展を続ける中国は、5年後にはGDPで米国を抜き、軍事力も現在の5~6倍に達すると予測されている。その狙いは、戦わずして世界覇権を得るためで、その思惑通りに世界情勢が推移しつつある。

 一方で、世界の警察官の役割を降りようとしている米国に、核兵器や軍事力を駆使してまで日本を防衛する意思はないと指摘。軍事衝突の可能性すら報じられる米中関係が、実は「机の下では手を結んでいる」とも。両国が同盟関係に入る流れを阻止するために日本のとるべき道を提示する。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  10. 9

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る