「『米中同盟』時代と日本の国家戦略」杉山徹宗著

公開日:  更新日:

 米国と中国という2つの大国に挟まれた日本の国家戦略はいかにあるべきかを論じた国際関係テキスト。

 多くの矛盾と問題を抱えながらも経済発展を続ける中国は、5年後にはGDPで米国を抜き、軍事力も現在の5~6倍に達すると予測されている。その狙いは、戦わずして世界覇権を得るためで、その思惑通りに世界情勢が推移しつつある。

 一方で、世界の警察官の役割を降りようとしている米国に、核兵器や軍事力を駆使してまで日本を防衛する意思はないと指摘。軍事衝突の可能性すら報じられる米中関係が、実は「机の下では手を結んでいる」とも。両国が同盟関係に入る流れを阻止するために日本のとるべき道を提示する。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る