• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『米中同盟』時代と日本の国家戦略」杉山徹宗著

 米国と中国という2つの大国に挟まれた日本の国家戦略はいかにあるべきかを論じた国際関係テキスト。

 多くの矛盾と問題を抱えながらも経済発展を続ける中国は、5年後にはGDPで米国を抜き、軍事力も現在の5~6倍に達すると予測されている。その狙いは、戦わずして世界覇権を得るためで、その思惑通りに世界情勢が推移しつつある。

 一方で、世界の警察官の役割を降りようとしている米国に、核兵器や軍事力を駆使してまで日本を防衛する意思はないと指摘。軍事衝突の可能性すら報じられる米中関係が、実は「机の下では手を結んでいる」とも。両国が同盟関係に入る流れを阻止するために日本のとるべき道を提示する。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る