• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本とドイツ歴史の罪と罰」川口マーン惠美著

 戦後、同じような発展と停滞の歩みをしてきたが、国際社会の信頼を得るという点では、日本はドイツの足元にも及ばない。

 シュレーダー前政権による原子力発電所の段階的廃止の決定と危険なまでに高まるロシアへのエネルギー依存、07年にメルケル首相とダライ・ラマ14世の会談がもたらした独中関係悪化の背景、そして世界に広く蔓延する「ドイツが潤沢な戦時賠償金を支払い、日本は渋ってきた」という言説の誤りについてなど。現地在住の著者が歴史を見つめ直しながら、「ドイツ見習い病」の日本人に覚醒を促す国際関係エッセー。(徳間書店 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る