• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本とドイツ歴史の罪と罰」川口マーン惠美著

 戦後、同じような発展と停滞の歩みをしてきたが、国際社会の信頼を得るという点では、日本はドイツの足元にも及ばない。

 シュレーダー前政権による原子力発電所の段階的廃止の決定と危険なまでに高まるロシアへのエネルギー依存、07年にメルケル首相とダライ・ラマ14世の会談がもたらした独中関係悪化の背景、そして世界に広く蔓延する「ドイツが潤沢な戦時賠償金を支払い、日本は渋ってきた」という言説の誤りについてなど。現地在住の著者が歴史を見つめ直しながら、「ドイツ見習い病」の日本人に覚醒を促す国際関係エッセー。(徳間書店 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る