「日本とドイツ歴史の罪と罰」川口マーン惠美著

公開日: 更新日:

 戦後、同じような発展と停滞の歩みをしてきたが、国際社会の信頼を得るという点では、日本はドイツの足元にも及ばない。

 シュレーダー前政権による原子力発電所の段階的廃止の決定と危険なまでに高まるロシアへのエネルギー依存、07年にメルケル首相とダライ・ラマ14世の会談がもたらした独中関係悪化の背景、そして世界に広く蔓延する「ドイツが潤沢な戦時賠償金を支払い、日本は渋ってきた」という言説の誤りについてなど。現地在住の著者が歴史を見つめ直しながら、「ドイツ見習い病」の日本人に覚醒を促す国際関係エッセー。(徳間書店 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る