「日本とドイツ歴史の罪と罰」川口マーン惠美著

公開日:  更新日:

 戦後、同じような発展と停滞の歩みをしてきたが、国際社会の信頼を得るという点では、日本はドイツの足元にも及ばない。

 シュレーダー前政権による原子力発電所の段階的廃止の決定と危険なまでに高まるロシアへのエネルギー依存、07年にメルケル首相とダライ・ラマ14世の会談がもたらした独中関係悪化の背景、そして世界に広く蔓延する「ドイツが潤沢な戦時賠償金を支払い、日本は渋ってきた」という言説の誤りについてなど。現地在住の著者が歴史を見つめ直しながら、「ドイツ見習い病」の日本人に覚醒を促す国際関係エッセー。(徳間書店 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る