「曽呂利!」谷津矢車著

公開日: 更新日:

 堺の町中に秀吉を揶揄する落首が広まった。蜂須賀小六が捕まえた犯人は鞘師の曽呂利新左衛門。この男の作った鞘は刀を引き抜いても鞘走りの音がしないという評判だった。秀吉は新左衛門を打ち首にしようとしたが、細川幽斎のとりなしで、秀吉を納得させるような鞘を作ったら命を助けるということに。出来上がった鞘を抜いてみると、大きな鞘走りの音が! 激怒する秀吉に新左衛門は、闇討ちに使うなら音がしないほうがいいが、秀吉が刀を抜くなら大きい音がしたほうがいいと言い抜けた。その上、自分を側に置いてくれと言う。

 御伽衆として仕えながら秀吉を手玉に取った男を描く時代小説。(実業之日本社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード