「暗転」堂場瞬一著

公開日:  更新日:

 週刊誌の記者・辰巳が乗っていた満員電車が脱線事故を起こす。気が付くと辰巳は折り重なった乗客の上にいた。左足が動かず、割れた窓から救出されたとき、自分の下にいた女性の安否が気になったが、そのまま気を失ってしまう。搬送された病院で事故の犠牲者の数が続々と増えていることを知り戦慄する。辰巳の下にいたあの女性も同じ病院に搬送されたが、容体が急変し死んでしまう。

 女性の婚約者・滝本は、医師から彼女が妊娠していたことを教えられ、やり場のない怒りに駆られる。やがて辰巳や現場に駆り出された警官の高石は、鉄道会社が何かを隠しているのではないかと疑い始める。人気作家がつづる長編社会派ミステリー。(朝日新聞出版 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る