「セックス・ドリンク・ロックンロール!」みうらじゅん著

公開日: 更新日:

 有名なイラストレーターになると宣言して京都から上京した純だが、美大の入学式早々、遅刻。同じく遅刻をした女に誘われ彼女の部屋で飲めない酒を飲み、翌朝、女のベッドで目覚める。前日の記憶がない純は、飲み過ぎてオネショをしてしまったことに気づき、女が寝ているすきに部屋を逃げ出す。幼いころから自意識に悩まされ、級友らとなじむことができない純に、ある日、腰まで髪を伸ばした玉手が声をかけてきた。怪獣映画の話で意気投合した玉手は「親友になりましょう」と握手を求めてくる。さらにいつの間にか純は、玉手が創設した「猫部」の部長に祭り上げられていた。

 自らの若きロックな日々を描いた青春小説。(光文社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る