日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初のエロチックハードボイルドを書いた椎名誠氏に聞く

 空と海と太陽が似合う作家・椎名誠が、初めてエロチックハードボイルド小説を生み出した。新刊「EVENA(エベナ)」は違法薬物をめぐり、男たちが奔走するクライムノベルだ。登場人物全員悪人。ダークな世界観の中に垣間見える人間臭さはユーモラスでもある。着想の源は意外なところにあったようだ。

 今作は、著者自身も新たな試みだったという。

「過去作に多い、私小説やSFでもない。主人公のおれが何者か、場所がどこなのか、いつの時代かもわからない、非常に曖昧な世界でね。自分でも把握していない(笑い)。時間軸をクロスさせながら展開したり、一人称で他視点を描く、まあ実験です。だから書いてて楽しかったですね、自由で」

 主人公のおれは、田舎町の寂れた酒場にいる。違法薬物「エベナ」をかじり、酒で流し込む。雨の中トラックを運転中、突如飛び出してきた男を避け、多重追突事故を起こしてしまったのだ。物語はそこから始まり、予想外の方向へ転がっていく。エベナとは架空の薬物ではなく、実在するそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事