父の青春をめぐるノンフィクションを描いた 目黒考二氏に聞く

公開日: 更新日:

 辞典を読むのが趣味だった寡黙な父。そんな父に自分の知らないドラマチックな過去があった。父の青春とはどんなものだったのだろう……。そんな気持ちに動かされて、目黒氏はかつて父親のいた場所を訪ね歩き、「昭和残影 父のこと」(KADOKAWA 1700円+税)を書きあげた。

 それは1985年の夏、著者が39歳のとき、墓参のため両親と共に立ち寄った北海道の親戚の家でのことだった。

「叔父が『あなたのことが本に出ていましたね』と言ったとき、父がとぼけていたのがすごく気になっていたんです。で、こっそり後で調べたら、その本というのは、山岸一章著の『聳ゆるマスト-日本海軍の反戦兵士』という1981年に新日本出版社から出た本のことでした。父が若いころ反戦活動をして刑務所に入ったことは聞いていましたが、その本を読んで初めて、母と結婚する前に渡辺初代という女性と結婚していた事実を知ったんですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  8. 8

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  9. 9

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る