• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人間らしさ」上田紀行著

 個人がデータ化される現代のシステム社会にあって、人間らしさとは何か、人間らしい行動や生き方とはどういうことかを考察した教養エッセー。

 人類の行動パターンがビッグデータとして蓄積されると、将来、ロボットがその人の過去のデータから、どんな映画を見るべきか、何を食べたらよいか、すべての行動において最適解を提示するようになる。しかし、そうした社会は、人間の尊厳を傷つけ、生きる意味が見えない社会を作り出してしまうと危惧。

 スリランカでフィールドワークした悪魔ばらいの儀式など、さまざまなエピソードを紹介しながら、交換可能として扱われている人間の存在のかけがえのなさを取り戻すために、どうすべきかを考える。(KADOKAWA 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る