「人間らしさ」上田紀行著

公開日:  更新日:

 個人がデータ化される現代のシステム社会にあって、人間らしさとは何か、人間らしい行動や生き方とはどういうことかを考察した教養エッセー。

 人類の行動パターンがビッグデータとして蓄積されると、将来、ロボットがその人の過去のデータから、どんな映画を見るべきか、何を食べたらよいか、すべての行動において最適解を提示するようになる。しかし、そうした社会は、人間の尊厳を傷つけ、生きる意味が見えない社会を作り出してしまうと危惧。

 スリランカでフィールドワークした悪魔ばらいの儀式など、さまざまなエピソードを紹介しながら、交換可能として扱われている人間の存在のかけがえのなさを取り戻すために、どうすべきかを考える。(KADOKAWA 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る