「人間らしさ」上田紀行著

公開日:  更新日:

 個人がデータ化される現代のシステム社会にあって、人間らしさとは何か、人間らしい行動や生き方とはどういうことかを考察した教養エッセー。

 人類の行動パターンがビッグデータとして蓄積されると、将来、ロボットがその人の過去のデータから、どんな映画を見るべきか、何を食べたらよいか、すべての行動において最適解を提示するようになる。しかし、そうした社会は、人間の尊厳を傷つけ、生きる意味が見えない社会を作り出してしまうと危惧。

 スリランカでフィールドワークした悪魔ばらいの儀式など、さまざまなエピソードを紹介しながら、交換可能として扱われている人間の存在のかけがえのなさを取り戻すために、どうすべきかを考える。(KADOKAWA 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る