• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「AVビジネスの衝撃」中村淳彦著

 アダルトビデオの歴史を関係者の証言とともに検証したルポルタージュ。

 1981年、動く「ビニ本」のキャッチフレーズでアダルトビデオという新しい産業が始まった。業界一の有名人・村西とおる監督によると、それまで1日20本くらいしかなかった問屋からの注文が86年には1日1万本を超え、最盛期は年商100億円あったという。そうした草創期の狂騒を経て、AVはレンタルからセルの時代へと向かう。

 かつてはネガティブなイメージがつきまとう職業だったが、いまや選ばれた女性しか就くことができない華やかな仕事へと変貌したAV女優の最新事情や、デジタル化で危機を迎える業界の未来まで、さまざまな角度から業界の深部に迫る。

(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る