「AVビジネスの衝撃」中村淳彦著

公開日:  更新日:

 アダルトビデオの歴史を関係者の証言とともに検証したルポルタージュ。

 1981年、動く「ビニ本」のキャッチフレーズでアダルトビデオという新しい産業が始まった。業界一の有名人・村西とおる監督によると、それまで1日20本くらいしかなかった問屋からの注文が86年には1日1万本を超え、最盛期は年商100億円あったという。そうした草創期の狂騒を経て、AVはレンタルからセルの時代へと向かう。

 かつてはネガティブなイメージがつきまとう職業だったが、いまや選ばれた女性しか就くことができない華やかな仕事へと変貌したAV女優の最新事情や、デジタル化で危機を迎える業界の未来まで、さまざまな角度から業界の深部に迫る。

(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る