• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「心臓の力 休めない臓器はなぜ『それ』を宿したのか」 柿沼由彦著

 著者らが発見した心臓の「NNCCS」(非神経性心筋コリン作動系)というシステムについて解説した医学テキスト。

 1日におよそ10万回もの拡張と収縮を繰り返す心臓は、多くのエネルギーを消費。エネルギーとともに産出される活性酸素という猛毒を浴び続けても、心臓自身に自らを癒やす能力があるために実際に心臓が活動を停止することはない。しかし、実はその能力を発揮するには、心臓は根本的な問題を抱え、死に至ってもおかしくない「つくり」になっているのだとか。にもかかわらず、死なないのはなぜか。そのカギを握る神経伝達物質アセチルコリンが、心筋細胞で産出されている事実を明らかにしながら、心臓がなぜ過労死しないのかの謎を解く。(講談社 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る