「心臓の力 休めない臓器はなぜ『それ』を宿したのか」 柿沼由彦著

公開日:  更新日:

 著者らが発見した心臓の「NNCCS」(非神経性心筋コリン作動系)というシステムについて解説した医学テキスト。

 1日におよそ10万回もの拡張と収縮を繰り返す心臓は、多くのエネルギーを消費。エネルギーとともに産出される活性酸素という猛毒を浴び続けても、心臓自身に自らを癒やす能力があるために実際に心臓が活動を停止することはない。しかし、実はその能力を発揮するには、心臓は根本的な問題を抱え、死に至ってもおかしくない「つくり」になっているのだとか。にもかかわらず、死なないのはなぜか。そのカギを握る神経伝達物質アセチルコリンが、心筋細胞で産出されている事実を明らかにしながら、心臓がなぜ過労死しないのかの謎を解く。(講談社 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る