「心臓の力 休めない臓器はなぜ『それ』を宿したのか」 柿沼由彦著

公開日:  更新日:

 著者らが発見した心臓の「NNCCS」(非神経性心筋コリン作動系)というシステムについて解説した医学テキスト。

 1日におよそ10万回もの拡張と収縮を繰り返す心臓は、多くのエネルギーを消費。エネルギーとともに産出される活性酸素という猛毒を浴び続けても、心臓自身に自らを癒やす能力があるために実際に心臓が活動を停止することはない。しかし、実はその能力を発揮するには、心臓は根本的な問題を抱え、死に至ってもおかしくない「つくり」になっているのだとか。にもかかわらず、死なないのはなぜか。そのカギを握る神経伝達物質アセチルコリンが、心筋細胞で産出されている事実を明らかにしながら、心臓がなぜ過労死しないのかの謎を解く。(講談社 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る