「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」西寺郷太著

公開日: 更新日:

 1985年春、全米のスターがアフリカの飢餓を救うために立ち上がり、作られたチャリティーソング「ウィ・アー・ザ・ワールド」がアメリカンポップスの歴史に与えた影響について考察した音楽エッセー。

 同曲の作詞作曲は、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。その制作過程は、黒人アーティストが主導するプロジェクトに白人アーティストが全面協力するという、以前では予想もできなかった展開を見せる。完成までの過程がほぼすべて映像として記録・公開され、世界中がそのライブ感の目撃者になれたことが、成功の大きな要因だと分析。一方で参加したアーティストが軒並み失速していったと指摘し、その背景を読み解く。

(NHK出版 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  9. 9

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  10. 10

    LiSAは「鬼滅」だけじゃない 紅白をさらに楽しむ“必聴3曲”

もっと見る

人気キーワード