• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」西寺郷太著

 1985年春、全米のスターがアフリカの飢餓を救うために立ち上がり、作られたチャリティーソング「ウィ・アー・ザ・ワールド」がアメリカンポップスの歴史に与えた影響について考察した音楽エッセー。

 同曲の作詞作曲は、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。その制作過程は、黒人アーティストが主導するプロジェクトに白人アーティストが全面協力するという、以前では予想もできなかった展開を見せる。完成までの過程がほぼすべて映像として記録・公開され、世界中がそのライブ感の目撃者になれたことが、成功の大きな要因だと分析。一方で参加したアーティストが軒並み失速していったと指摘し、その背景を読み解く。

(NHK出版 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る