「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」西寺郷太著

公開日: 更新日:

 1985年春、全米のスターがアフリカの飢餓を救うために立ち上がり、作られたチャリティーソング「ウィ・アー・ザ・ワールド」がアメリカンポップスの歴史に与えた影響について考察した音楽エッセー。

 同曲の作詞作曲は、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。その制作過程は、黒人アーティストが主導するプロジェクトに白人アーティストが全面協力するという、以前では予想もできなかった展開を見せる。完成までの過程がほぼすべて映像として記録・公開され、世界中がそのライブ感の目撃者になれたことが、成功の大きな要因だと分析。一方で参加したアーティストが軒並み失速していったと指摘し、その背景を読み解く。

(NHK出版 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る

人気キーワード