「野人力」鈴木光司、鈴木美里著

公開日: 更新日:

 元祖イクメン作家が、娘の疑問に答えながら語る生き方教本。

 いつも「効率が大事」と言っている父だが、使っている携帯は10年以上も前のガラケー。エアコンを買いに行けば、有無を言わさず最安値を選ぶ。娘がその理由を問うと「無駄な機能を徹底的に省くことで、行動の自由が維持できる」と言われる。訳が分からないと首をひねる娘に、父は小説家という職業を選んだ訳などを改めて語り、最安値を選ぶのはお金が惜しいからではなく人生の目的が「物欲を満足させる」というところにないからだと、真の自由を手に入れる難しさを説く。その他、カーナビに腹を立てたり、娘に婚前旅行を勧める真意を問われた父が独自の人生論を展開。(小学館 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る