「異端の人間学」五木寛之、佐藤優著

公開日: 更新日:

 2人がこれまで深く関わってきた隣国・ロシアをさまざまな視点から分析する対談集。

 ウクライナ危機が象徴するように、ロシアは国際社会の中で良くも悪くも存在感が増す一方だ。だが、日ソ関係は1950~60年代にかけて非常に接近していたが、1992年のエリツィン大統領の訪日ドタキャン以降、関係が冷め、ロシアの専門家も減少していると危惧する。五木氏が中学1年で迎えた敗戦時、平壌で目の当たりにしたソ連軍のエピソードなどを交えながら、ウクライナ問題の歴史的背景や、ロシア正教の異端とされる宗派「スタロヴェール」という存在から読み解くロシアの本質など、縦横無尽の話題で隣国の知られざる素顔に迫る。(幻冬舎 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る

人気キーワード