• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「異端の人間学」五木寛之、佐藤優著

 2人がこれまで深く関わってきた隣国・ロシアをさまざまな視点から分析する対談集。

 ウクライナ危機が象徴するように、ロシアは国際社会の中で良くも悪くも存在感が増す一方だ。だが、日ソ関係は1950~60年代にかけて非常に接近していたが、1992年のエリツィン大統領の訪日ドタキャン以降、関係が冷め、ロシアの専門家も減少していると危惧する。五木氏が中学1年で迎えた敗戦時、平壌で目の当たりにしたソ連軍のエピソードなどを交えながら、ウクライナ問題の歴史的背景や、ロシア正教の異端とされる宗派「スタロヴェール」という存在から読み解くロシアの本質など、縦横無尽の話題で隣国の知られざる素顔に迫る。(幻冬舎 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る