「退職歓奨」江上剛著

公開日:  更新日:

 海外でプラント工事を請け負う本条工業の常務・島田は、社長の諌山から、水面下で日本最大の重工業企業・五菱重工業との合併話を進めていると打ち明けられる。グローバル化を生き残るためには合併しかないという諌山は、島田にも相応のポストを用意してくれているらしい。数日後、会長の猪川に呼び出された島田は、猪川と彼の取り巻きから、合併を阻止するために取締役会で諌山の解任動議に賛成するよう迫られる。

 猪川らが言うように諌山が社長職延命のために合併を利用しようとしているとも考えられる。諌山に従うか、猪川につくべきか、島田は決断を迫られる。(「耳したがう」)

 組織に生きる50代半ばの男たちを描いたビジネス小説集。(実業之日本社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る