「退職歓奨」江上剛著

公開日:  更新日:

 海外でプラント工事を請け負う本条工業の常務・島田は、社長の諌山から、水面下で日本最大の重工業企業・五菱重工業との合併話を進めていると打ち明けられる。グローバル化を生き残るためには合併しかないという諌山は、島田にも相応のポストを用意してくれているらしい。数日後、会長の猪川に呼び出された島田は、猪川と彼の取り巻きから、合併を阻止するために取締役会で諌山の解任動議に賛成するよう迫られる。

 猪川らが言うように諌山が社長職延命のために合併を利用しようとしているとも考えられる。諌山に従うか、猪川につくべきか、島田は決断を迫られる。(「耳したがう」)

 組織に生きる50代半ばの男たちを描いたビジネス小説集。(実業之日本社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る