「退職歓奨」江上剛著

公開日: 更新日:

 海外でプラント工事を請け負う本条工業の常務・島田は、社長の諌山から、水面下で日本最大の重工業企業・五菱重工業との合併話を進めていると打ち明けられる。グローバル化を生き残るためには合併しかないという諌山は、島田にも相応のポストを用意してくれているらしい。数日後、会長の猪川に呼び出された島田は、猪川と彼の取り巻きから、合併を阻止するために取締役会で諌山の解任動議に賛成するよう迫られる。

 猪川らが言うように諌山が社長職延命のために合併を利用しようとしているとも考えられる。諌山に従うか、猪川につくべきか、島田は決断を迫られる。(「耳したがう」)

 組織に生きる50代半ばの男たちを描いたビジネス小説集。(実業之日本社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る