「宇沢弘文のメッセージ」大塚信一著

公開日:  更新日:

 著者は、ノーベル経済学賞に最も近いといわれた数理経済学者・宇沢弘文(1928~2014年)に伴走してきた編集者。20世紀後半、宇沢は経済学者としての輝かしい評価を自ら否定する形で、日本社会が直面している課題についてたった一人で立ち向かっていった。そんな宇沢の著書や身近で聞いた言葉を読み解くテキスト。

 アメリカで実績を残して帰国した宇沢が、自動車の是非について問題提起した名著「自動車の社会的費用」をはじめ、公害・環境問題に取り組む中で感じた近代経済学・新古典派理論の制約と限界に対する格闘の軌跡をつづった「近代経済学の再検討」など、その背景や骨子を紹介しながら深き思想の核心に迫る。(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る