「気象庁物語」古川武彦著

公開日:  更新日:

 明治8(1875)年、東京気象台が10人足らずの陣容で発足。以来140年、その後身の気象庁は、5000人の職員と年間予算700億円を費やし、天気から地震や津波、火山などの自然現象を24時間体制で観測している。本書は、災害や異常気象と戦い続けてきたその歴史を振り返るノンフィクション。

 明治20年代、自ら富士山頂に観測小屋を建て通年観測を試みた野中到、日露戦争で連合艦隊司令長官の東郷平八郎が送った電報に引用された「天気晴朗ナレドモ波高シ」を予報した岡田武松など、先人たちのドラマをはじめ、富士山レーダーや気象衛星ひまわりなど、観測システムや技術の開発の足跡まで、豊富なエピソードを交え、知られざる「戦う技術官庁」の足跡をたどる。

(中央公論新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る