「天空の城を行く」小和田泰経著

公開日:  更新日:

 雲海に浮かぶ幻想的な風景から近年、兵庫県の竹田城が人気を博しているが、「天空の城」はまだまだ日本にたくさんあるそうだ。本書は、日本各地の平山城・山城から厳選した「天空の城」を案内するガイドブック。

 岡山県の備中松山城は、備中国の中心に位置し、古来、争奪戦が繰り広げられてきた。現存する天守・二重櫓などの遺構は、江戸時代に改修されたもので、現存する天守としてはもっとも高所にある貴重なものだという。

 その他、竹田城に勝るとも劣らぬ景色の福井県の越前大野城をはじめ、島根県の津和野城など50城の歴史、最寄りの駅から現地までのルートや見どころなどを解説。(平凡社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る