宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

秋の夜長の“上質な暇つぶし”

公開日:  更新日:

「雑学うんちく図鑑」ケン・サイトー著

「イラストレーターの著者が文字だけでは分かりにくい雑学ネタを絵と文で表現」「博学になるトリビア200本超!」

 そんなタイトルや帯コピーに引き込まれ思わず手に取ったのだが、予想を上回る情報の量と質にニンマリ、その場で時を忘れ読みふけった。

 本作りの現場にDTP(パソコン上での割り付け)が導入され幾星霜。フォントの数は日々増え続け心強い限りだが、「手描きの文字」を書籍のなかで見る機会はずいぶん減ったように思う。手描き文字を「魅せる」には「反復して同じ字形を描き続ける」才能なり訓練が必須。いつか腕っこきの「描き師」と組み、手描き文字メーンで本を作ろうと思っていたら、本書に先を越されてしまった。

 四六判、並製、束22ミリ。表紙に茶色の板紙を使用。赤い特色インキで刷られたイラスト+解説文が表1、表4を埋め尽くす。一覧できる内容見本といった趣。本文はグレー調の嵩高紙、見た目より軽く、めくり具合もしなやか。ザックリとした質感と落ち着いた色合いに「ホッ」とさせられる。親近感の演出が憎い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る