• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「被差別のグルメ」上原善広著

 差別されてきた人々の「ソウルフード」を食べ歩き、その独自の食文化に迫るノンフィクション。

 路地(同和地区)のソウルフードとして知られる「アブラカス」は、牛の腸をカリカリになるまで炒り揚げたもの。現在は、ヘット(牛脂)で炒り揚げて作るが、本来は貴重だった脂を取るために腸を煮て、その副産物として誕生したのがアブラカスだと思われる。よそ者を寄せ付けない独特の風味と味で、一般に広まることがないと思われたこのアブラカスをうどんに入れた「かすうどん」が今、大阪南部で流行しているという。

 そうした路地の食文化から、アイヌやサハリン、沖縄の離島まで、そこに行かなければ味わえない料理を求めて各地を旅する。(新潮社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る