• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「被差別のグルメ」上原善広著

 差別されてきた人々の「ソウルフード」を食べ歩き、その独自の食文化に迫るノンフィクション。

 路地(同和地区)のソウルフードとして知られる「アブラカス」は、牛の腸をカリカリになるまで炒り揚げたもの。現在は、ヘット(牛脂)で炒り揚げて作るが、本来は貴重だった脂を取るために腸を煮て、その副産物として誕生したのがアブラカスだと思われる。よそ者を寄せ付けない独特の風味と味で、一般に広まることがないと思われたこのアブラカスをうどんに入れた「かすうどん」が今、大阪南部で流行しているという。

 そうした路地の食文化から、アイヌやサハリン、沖縄の離島まで、そこに行かなければ味わえない料理を求めて各地を旅する。(新潮社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る