• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「江戸の経済事件簿地獄の沙汰も金次第」赤坂治績著

 歌舞伎や文楽、落語などに描かれた江戸っ子たちの暮らしぶりを紹介しながら、当時の経済事情を解説した江戸本。

 当時の基本は、米本位制だが、次第に貨幣経済の色合いが増す。4代家綱以降、年貢率が下がる一方で生産性が向上し、百姓の経済力が急速に高まり消費が増加。商人・職人も潤い、歌舞伎などの庶民文化が花開く。年貢の他に、町人や商人に課せられた税金や、職人の中でも一番恵まれていたという建築職人たちの実際の収入、本当にいた千両役者、そして落語の「芝浜」などに見る庶民の金銭観や、「手形」や「為替金」が大切なキーワードになっている近松門左衛門の作品など。近代資本主義以前の江戸の経済をリアルに描き出す。(集英社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る