「刃引き刀の男」鈴木英治著

公開日:  更新日:

 御徒目付をクビになり、「よろず調べ事いたし候」の看板を掲げる浪人の修馬に、米問屋の妾・摩伊の用心棒の仕事が舞い込む。摩伊の家で寝泊まりを始めた修馬を御徒目付頭・久岡の手下の時造が訪ねてくる。時造によると、摩伊は上方の悪党・伊輪蔵の元情婦で、一味が裏切り者の摩伊の行方を追って江戸に現れたという。久岡は伊輪蔵一味を一網打尽にするため摩伊の合力を得たいと考えているらしい。同じころ、修馬の友人の徳太郎は、小諸藩・牧野家の江戸留守居役・杢右衛門からある依頼を受ける。上屋敷から連れ去られた領主の康時を救出して欲しいというのだ。

 修馬と徳太郎コンビの活躍を描く「裏江戸探索帖」シリーズ最新刊。

(角川春樹事務所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る