「もの忘れを予防する健康脳トレーニングあのころ思い出し編」篠原菊紀著

公開日: 更新日:

 昭和30年代から平成10年代を中心に、流行や人物、映画、書籍、出来事などの“懐かしいもの”を集めて問題集にしたのが本書。とはいえ、フラフープやダッコちゃんなど、あまりに有名なものは取り上げられていない。それは、深い記憶を呼び覚まして脳に負荷をかけることが脳の活性につながるためだと、脳科学者の著者は説明している。

「昭和36年に流れたサントリーのCMは、“トリスを飲んで○○○へ行こう!”。○○○に当てはまるのは?」「“日露戦争”“秋山兄弟”“近代国家へ向かう日本”。この作品名と作家は?」など、楽しく取り組める思い出しクイズが満載だ。

 同年代の友人同士や夫婦で問題を出し合えば、盛り上がること間違いない。楽しみながら行えば、脳トレの効果も高まるだろう。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る

人気キーワード