• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「もの忘れを予防する健康脳トレーニングあのころ思い出し編」篠原菊紀著

 昭和30年代から平成10年代を中心に、流行や人物、映画、書籍、出来事などの“懐かしいもの”を集めて問題集にしたのが本書。とはいえ、フラフープやダッコちゃんなど、あまりに有名なものは取り上げられていない。それは、深い記憶を呼び覚まして脳に負荷をかけることが脳の活性につながるためだと、脳科学者の著者は説明している。

「昭和36年に流れたサントリーのCMは、“トリスを飲んで○○○へ行こう!”。○○○に当てはまるのは?」「“日露戦争”“秋山兄弟”“近代国家へ向かう日本”。この作品名と作家は?」など、楽しく取り組める思い出しクイズが満載だ。

 同年代の友人同士や夫婦で問題を出し合えば、盛り上がること間違いない。楽しみながら行えば、脳トレの効果も高まるだろう。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る