「もの忘れを予防する健康脳トレーニングあのころ思い出し編」篠原菊紀著

公開日: 更新日:

 昭和30年代から平成10年代を中心に、流行や人物、映画、書籍、出来事などの“懐かしいもの”を集めて問題集にしたのが本書。とはいえ、フラフープやダッコちゃんなど、あまりに有名なものは取り上げられていない。それは、深い記憶を呼び覚まして脳に負荷をかけることが脳の活性につながるためだと、脳科学者の著者は説明している。

「昭和36年に流れたサントリーのCMは、“トリスを飲んで○○○へ行こう!”。○○○に当てはまるのは?」「“日露戦争”“秋山兄弟”“近代国家へ向かう日本”。この作品名と作家は?」など、楽しく取り組める思い出しクイズが満載だ。

 同年代の友人同士や夫婦で問題を出し合えば、盛り上がること間違いない。楽しみながら行えば、脳トレの効果も高まるだろう。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る