企業が“創造的個人”を育てる 「ホワイト企業」が目指すこと

公開日:  更新日:

「ホワイト企業」永禮弘之、瀬川明秀著

 超高齢化による定年延長の一方で早期退職勧奨などが迫ってくる現代 いきいきと働くにはどうすべきか――?

 従業員を自殺にまで追い込むブラック企業に対して本書のいう「ホワイト企業」とは?

 まず企業は単なる組織ではなく、創造的な能力を持った個人の集まりであるべきといい、こうした個人を「クリエイティブ・キャピタル」と呼ぶ。高度な専門性を持ち、みずから創造的学習を繰り返してイノベーションを巻き起こせるような人材。それ以外の人々の平均年収は今後400万円で頭打ちになるのではないかという。これは現状から15%減という厳しい数字。

 しかし、人材開発のプロと日経のアナリストからなる著者2人は種々の調査を引いて学歴格差が経済格差につながると主張し、「ありのままの自分」を肯定してはいけないと説く。要は自分で自分のモチベーションを上げ、向上心を絶やさずに努力することが「創造的個人」への道というわけだ。かつてその努力は組織への忠誠心となったが、現代ではすべての目標が個人=自己への信頼につながり、生きがいの確立に寄与するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る