• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「50代からの老けない、太らない体の作り方」立花龍司著

 ちょっとした段差でつまずく。食べる量は変わらないのに太りだした……。50歳前後になると、こんな経験が増えてくる。プロ野球やメジャーリーグでコンディショニングコーチを務めてきた著者は、その原因のほとんどが筋力の低下だと分析する。

 腹筋をバキバキに割るハードな筋トレもいいが、50歳を迎えたら老化を遅くするための緩やかな筋トレを習慣にしたい。スムーズに歩くための筋肉を強化したいなら「セッティング」がお勧めだ。丸めたバスタオルを膝下に入れて床に座り、バスタオルを押しつぶすように膝を伸ばし5秒数える。これを15回2セット行えば、太ももの前方の内側広筋を鍛えることができる。

 各種の筋トレとともに、健康寿命を延ばす食事法も紹介する。(朝日新聞出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る