「美術館の舞台裏」高橋明也著

公開日: 更新日:

 美術館の現役館長が、美術館やそこで行われる展覧会の仕事の実際を案内するエッセー。

 現代的美術館の始まりは、1793年オープンのパリ・ルーブル美術館だという。一方、日本では明治以前まで「美術」という概念もなく、戦前まで3つの国立博物館が存在するだけだった。そうした歴史を踏まえた上で、新聞社や放送局などのマスコミが主導する日本独自の展覧会スタイルの背景や、学芸員(キュレーター)という仕事の内実や展覧会開催までの舞台裏など。実際に著者が携わった「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 光と闇の世界」展などを例に、押し寄せる商業化とグローバル化の波で変わりつつある知られざる美術館の世界を紹介する。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る