「美術館の舞台裏」高橋明也著

公開日:  更新日:

 美術館の現役館長が、美術館やそこで行われる展覧会の仕事の実際を案内するエッセー。

 現代的美術館の始まりは、1793年オープンのパリ・ルーブル美術館だという。一方、日本では明治以前まで「美術」という概念もなく、戦前まで3つの国立博物館が存在するだけだった。そうした歴史を踏まえた上で、新聞社や放送局などのマスコミが主導する日本独自の展覧会スタイルの背景や、学芸員(キュレーター)という仕事の内実や展覧会開催までの舞台裏など。実際に著者が携わった「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 光と闇の世界」展などを例に、押し寄せる商業化とグローバル化の波で変わりつつある知られざる美術館の世界を紹介する。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る