• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「美術館の舞台裏」高橋明也著

 美術館の現役館長が、美術館やそこで行われる展覧会の仕事の実際を案内するエッセー。

 現代的美術館の始まりは、1793年オープンのパリ・ルーブル美術館だという。一方、日本では明治以前まで「美術」という概念もなく、戦前まで3つの国立博物館が存在するだけだった。そうした歴史を踏まえた上で、新聞社や放送局などのマスコミが主導する日本独自の展覧会スタイルの背景や、学芸員(キュレーター)という仕事の内実や展覧会開催までの舞台裏など。実際に著者が携わった「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 光と闇の世界」展などを例に、押し寄せる商業化とグローバル化の波で変わりつつある知られざる美術館の世界を紹介する。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る