日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「入門 マイナンバーの落とし穴」週刊エコノミスト編集部編

 いよいよ始まったマイナンバー制度のハンドブック。「マイナンバーで副業や無申告がバレてしまうことはないか」「会社で管理している他人のマイナンバーが情報漏洩したら民事賠償額はどのくらいになるか」など、国民の立場に立って素朴な疑問に答えながら、複雑な制度の全体を解説する。

 マイナンバーは税、社会保障、災害対策の3分野で順次利用がスタートし、手続きの際に提示が求められる。提示を拒んでも罰則はないが、提示を求める側はその理由を記録しなければならない。といった基本から、相続税申告への影響、そして情報が漏洩した場合のリスクなど。政府の資料には載っていない情報が満載。(毎日新聞出版 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事