「消えたイングランド王国」桜井俊彰著

公開日: 更新日:

 1066年、イングランド王国は後の征服王ウィリアム1世が率いるノルマン人=フランス人に征服される。以降、アングロサクソン人=イングランド人は国王、貴族、上級聖職者などの地位から追放され、フランス語を母語とするノルマン人に取って代わられた。この「ノルマンの征服」以前のオールド・イングランド時代に、襲来するデーン人(バイキング)と向き合ってきたアングロサクソン人たちの戦いぶりを描いた歴史読み物。

 オールド・イングランドは、ノルマンの征服までわずか142年しか続かなかったが、その歴史は現代のイギリス人にも深く刻み込まれているという。アングロサクソン人としての誇りと生き方が集約された戦士たちのドラマを紹介。(集英社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る

人気キーワード